高級クラブとキャバクラ(ニュークラブ)の違いについて3

高級クラブとキャバクラ(ニュークラブ)の違いについて

お客様の料金システムが違う

これは、かなり違いがあります。それも、クラブになると六本木と銀座でも、かなり違いがあるのでここでは、銀座を基本に話をさせていただきます。

銀座のシステムは、銀座で働く人の中でも、これを作った人は天才だというくらい、すごいシステムなのです。どこがそんなにすごいシステムなのかというと、このシステムに乗っ取ってお店を運営すればそれだけで、ホステスの適正な歩合の割合まで、しっかり計算出来てしまうという点です。

では、違いについてお伝えします。

キャバクラ(ニュークラブ)は、時間制で、ボトルキープの義務はないが、ボトルを入れることで、料金が会員料金となり安くなるお店もある。

最低料金が60分・・・3,500円(初回割引き)~15,000円

オープンからラストまで高級キャバクラにいた場合

指名料、同伴料、タイムチャージ、サービス料の基本料金のみで

100,000円を軽く超えるお店が多いです。

クラブは、時間制を取り入れていませんが(最近は、90分たった段階で延長料金を取るお店が増えてきた。これは、お客様の単価が平均して安くなった事が原因)ボトルを入れる義務がある。

そして、キャバクラは使った金額に×(消費税+サービス料)ですが、クラブにつきましては、使った金額×(テーブルチャージ4000円+ホステスチャージ0~10000円+ボーイチャージ4000円+オールチャージ4000円)×サービスチャージ40%~50%(お店による)×消費税となっています。

高級クラブ

オープンからラストまで高級クラブにいた場合

指名料(指名料とは言わず、ホステスチャージと言います。)、同伴料(無料)、タイムチャージ、サービス料の基本料金

新規(ボトル20,000円程度のボトルを入れた場合)・・・60,000円~80,000円程度        ※銀座の高級クラブは、常にボトルをキープした状態を保たねばならない。それが会員となる条件。

会員価格(ボトルが入った状態)・・・お店によって違いますが、30,000円~50,000円程度

そうなのです。実は、オープンからラストまで長くいた場合最低料金はキャバクラの方が高いのです。

※ちなみにホステスチャージは全額、係り(お客様の担当者の事を係りといいます。)にバックされます。

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です