サイプリから見た『キャバすか学園』を考察

 news_header_cabasukagakuen

宮脇咲良(HKT48AKB48)が主演する連続ドラマ「キャバすか学園」が10月29日(土)24:55に日本テレビ(関東ローカル)でスタートすることが決定した。

「キャバすか学園」は、2010年からテレビ放送され、今年の夏には舞台化もされたAKB48グループによるドラマ「マジすか学園」の新シリーズにあたるもの。親会社の倒産で閉校が決定した“マジ女”こと馬路須加女学園を救うために退学を決意した、さくら(宮脇咲良)、おたべ(横山由依)、カツゼツ(兒玉遥)、マジック(木崎ゆりあ)らが、キャバクラ総選挙3連覇を誇るキャバクラ嬢となったセンター(松井珠理奈)と共にNo.1キャバ嬢を目指して奮闘し、アントニオ(山本彩)&シロギク(白間美瑠)が率いるライバル店とトップ争いを繰り広げる。

今回は、「マジすか」シリーズ初出演となるNMB48の須藤凜々花やNGT48の中井りか、さらに乃木坂46の西野七瀬も登場。また、伝説のキャバクラプロデューサー・西園寺を演じる筧利夫や、やべきょうすけ岡田浩暉原口あきまさ芋洗坂係長阿部亮平末吉くん酒井敏也梶原善といった俳優陣が脇を固める。

※木崎ゆりあの崎は「たつさき」が正式表記

音楽ナタリーさんより引用させていただきました。

これまでの高級クラブやキャバクラ(ニュークラブ)を題材としたドラマで明らかに違う点があります。

それは、何か???

答えは

続きを読む